×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サーキットトレーニング

筋肉を鍛えるサーキットトレーニング
 
 筋トレをする上での最大の悩みは「筋トレに使う時間」と「バランスの良いメニューの組み方」にあります。
「短時間で全身の筋肉をバランスよく鍛える筋トレのメニュー」という理想を実現してくれる新しいスタイルの筋トレ、それがサーキットトレーニングなのです。
 サーキットトレーニングは、複数の運動を組み合わせて集中的に行う筋トレ方法です。基本的には、運動と運動の合間に休憩を入れないで行っていきます。複数の運動を効率よく出来ることから、学校の体育の授業や部活動などで活用されています。
 
:::::::::スポンサードリンク:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        

サーキットトレーニングを知ろう

 サーキットトレーニングは1953年にイギリスのリーズ大学で誕生した、トレーニング法です。複数の運動を連続して行うことで、全身の筋肉に満遍なく負荷を掛けることができて、持久力を向上させることが出来るのが特徴です。その後1992年にアメリカのフィットネスクラブがダイエット目的に改良したものが普及し、現在に至っています。
 サーキットトレーニングは、「複数の運動を一度に行えて全身をバランスよく鍛えられる」というメリットがあります。通常の筋トレで同じように全身をバランスよく鍛えるためには、複数のトレーニングを効率良く組み合わせたメニューやスケジュールを考えましょう。
 また、サーキットトレーニングを応用したダイエット方法は、サーキットメニューの「複数の運動を組み合わせて短時間で行う」という特徴を上手に活用しているといえます。サーキットトレーニングでのダイエットは、有酸素運動と無酸素運動を交互に組み合わせたメニューにすると、より効果的です。
 

サーキットトレーニングをしよう!

 サーキットトレーニングを自分で行う場合は、最低でも20分掛かるようにメニューを設定すべきです。有酸素運動は、最低20分以上行わなければ脂肪燃焼効果が得られないというデータがあるからです。
 サーキットトレーニングのメニューを組むときは、バランスを考えることが大事です。上半身を鍛えたら下半身、腹筋を鍛えたら背筋というように、セットになっている部位を両方とも鍛えられるようにメニューを作っていくのです。
 もちろん、筋トレだけではバランスが悪いので踏み台昇降運動などの有酸素運動を組み込んでいきます。