×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

寝ながらヨガ

ダイエットに効果的寝ながらヨガ
 
 「寝ヨガ」とは言葉どおり寝ころんだ姿勢のまま行うヨガのことです。さまざまなポーズとともに、腹式呼吸を行います。全身に行き渡るように行う呼吸法。これを行う事によって、細胞が活性化し、活発な新陳代謝をもたらします。また、深呼吸を繰り返すことによって、精神的な安定をもたらしてくれます。
 ストレスを感じると、食欲をコントロールする満腹中枢と空腹中枢のバランスが崩れてしまいます。ヨガをつづけていけば、心を落ち着かせ、満腹中枢と空腹中枢のバランスを元どおりに修復し、食べすぎによる肥満を防いでくれます。
 
:::::::::スポンサードリンク:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        

寝ながらヨガをやってみよう!

◇「寝ヨガ」をする上で、大切なこと
 「寝ヨガ」で最もたいせつなのは、呼吸の仕方です。息を吐き出すことから始めるのが重要なポイントです。息を吐き出すときは、体の老廃物を口から吐き出すイメージを持つこと。このとき、丹田(へそ下奥3cmのあたり)を強く意識します。
 そして、息を吸うときは、新鮮な酸素とともに、プラーナ(生命体エネルギー)が体内に入ってくることをイメージして、丹田を意識しながら、深く息を鼻から吸い込みます。
 この丹田呼吸を、1ポーズごとに繰り返します。そして、ポーズをキープするときは「鼻から吸って、口から吐く」を1呼吸として、10呼吸行います。
 
      では、早速「寝ヨガ」にチャレンジしてみましょう!⇒くつろぎのポーズ
 
    くつろぎのポーズ ワニの変形ポーズ ワニの変形ポーズスペシャル コブラのポーズ 開脚ポーズ
 
  お勧めリンク⇒寝ながらヨガ ダイエットリンク