×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

骨格筋

筋肉について知ろう骨格筋
 
 私達が生活をするうえで、筋肉はとても大事なもの。身体を自由に動かすことができるのは、一般的に筋肉と呼ばれる骨格筋があるからといってもいいでしょう。
 骨格筋には、約400種類以上あり、体重の50%を占めているといわれており、実にさまざまな役割や働きがあるのです。
 
:::::::::スポンサードリンク:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        

骨格筋の役割

骨格筋は、人が人として生活するためには、最も重要な筋肉です。
 
身体を動かす
  歩く、走る、座るなどの一環の動作は、筋肉が収縮することで、成り立っているのです。
 
関節の安定
  筋肉によって、関節を守ることにより、動きが安定しています。
 
姿勢の保持
  関節が安定することにより、姿勢を保つことができます。
 
熱の発生
  筋肉を収縮させることで、温度調整を行います。
 
衝撃の吸収
  筋肉があることで、内臓や骨など、衝撃から守っているのです。
 
血管・臓器の保護
  筋肉で覆うことによって、血管や臓器を守ります。
 

骨格筋率を調べ、生かす

 骨格筋率を計れる体組成計が販売されています。運動によって増える骨格筋の割合を測定することで、運動の成果が正確にわかります。
 このような体組成計を利用することによって、1日に必要なエネルギー消費量を計算することができます。運動することによって、骨格筋を増強し、エネルギーを消費しやすい体質に変えていくことでダイエット効果も上がり、ダイエットには付き物の、リバウンドの予防もでき、太りにくい身体作りができるのです。
 この体組成計は、骨格筋率だけではなく、体重・体脂肪率・内臓脂肪率・BMI・基礎代謝などの情報を得られます。
 骨格筋率目では確認することのできませんが、このような形で調べることで、理想の体づくりに大変役立ちます。
 
  お勧めリンク⇒ OHM体組成計

骨格筋を鍛える

 骨格筋を鍛えるためには、無理のない筋肉トレーニングの方が効果的です。歯を食いしばって筋トレをするよりも、楽しみながらするのが長続きさせる方法でしょう。
 テレビを観ながら腹筋や背筋の筋トレをしたりするなど、サボりがちにならないように、1日の時間の中に、少しづつ身体を動かす習慣を取り入れて下さい。それこそ、TVのCMの間は、筋トレを行うなど、こんな形で取り組むと、メリハリがあって楽しいですね。
 寝る前のストレッチや、流行のヨガもオススメです。カラダを柔らかくしておくことで、運動の範囲が広がる効果もあります。骨格筋を鍛えるということは、身体の筋肉を鍛えることです。歳をとるごとに、身体は衰えていきますが、この加齢による身体の衰えを予防するには、筋肉を増やすことが、何よりも効果的です。
 骨格筋を鍛えて、太りにくい身体作りをして、健康的になりましょう。